2017年4月28日金曜日

制御不能なヴァンパイア


いつの間にか恋愛関係になっているネオとマドカ。まだ一線は超えていないようだが、事務所の社長と所属アイドルがデキてるとバレたら、大スキャンダルであろう。


そして、その事実に気付いていないマネージャーのジミー。


しかし、ジミーとて所詮は男。あわよくばマドカと仲良くなりたいのであった。まぁ、ネオとは邪念の強さが違うが。


一方、先日のパーティで浮気が発覚した彼女とは、キッパリ別れることを決意。別れた瞬間、彼女に発疹が出たのが気の毒でならないが。


事務所に戻ると、外でヴァンパイアの魅力を解放してきたネオが、その余韻に引っ張られたのか、初めてマドカに噛み付いた。ジミーもビックリ。


それを機に、マドカも疼き始めた。もう二人が一線を超えるのは時間の問題だ。


不健全な空気を変えるため、セレブな評論家ロボ先生の家で開かれたパーティに全員で参加。人間の食べ物が食べられないネオは、ひたすらドリンクのみ。なんか可哀想で笑える。(鬼)


せっかく大勢が集まっているのに、マドカは別室でゲームに夢中。似た特質のマサトも、奥で見えない誰かと喋っている。


そんな場に馴染めないマドカに心惹かれた男がいた。いきなりマドカの手にキス。マドカも拒絶しない。


そして、その現場を目撃したネオが豹変。


嫉妬に狂ったヴァンパイア、「歯止めなく飲む」を発動。怒りに支配されると、制御不能になるのか。


マサトが冷たい目でネオを見る。もちろん、ネオもブラッドフルーツは知っている。育てているし、常にポケットに20個ぐらい入れている。なのに、だ!w


(まずいな・・・)

翌日、まるで二日酔いの朝のように、落ち込むネオの姿があった。


事務所のスキャンダルを回避するには、マドカが社長ネオ以外の誰かと恋に落ちるしかない。しかし、伝道師の言葉は冷たい。


しかも、恋愛禁止のアイドルを谷底に突き落とすような衝撃発言。


だが、愛は意外なところに落ちていた。

ネオの師匠であるヴァンパイア界の重鎮が、マドカに興味を持った。ジミーが誰を薦めても「興味がない」と受け付けなかった師匠が、こともあろうかマドカを気に入ったのだ。


当然、それが面白くないネオ。呼んでもないのにロマンスフェスに乗り込み、マドカの目の前に立ちはだかる。


またネオの「歯止めなく飲む」の制裁を受け、往来に突っ伏したマドカ。その直後、弟子の殺気を感じたのか、師匠はマドカから手を引くようなメッセージをジミーに送ってきた。


知らぬ間にヴァンパイア界に亀裂を走らせてしまったジミーは、懐かしい女性と再会し、恋心が再燃。プライベートにうつつを抜かしていると、事務所が転覆するぞ!w

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。