2017年1月29日日曜日

レッサーヴァンパイアの生活


リンちゃんが無事に出産。宇宙人とのハーフであるせいか、びっくりするほど可愛くない。名前はツムギ。


せっかくだから、しばらく観察してみるが、常に何かしら「悲しい」と訴えている。


親であるリンちゃんは、記憶を消去されているので、自分が子供を産んだことすら信じられない状態。宇宙人に誘拐されて妊娠させられたと思いこんでるクチ。なので、子供の飼育・・・もとい、保育は専属の保育士に任せている。


常に「悲しい」を訴えているツムギだが、なぜか突然幸せになったりする。それなりに楽しいらしい。よかったね。(笑)


そんな我が子をほったらかして、リンちゃんはパーティへ。友人アンリの彼氏に急接近。


かと思えば、ネオにも親密ハグ。


(えっ・・・?)

そして、今ハグしている相手が鏡に写ってないことに気付いてしまったリンちゃん。


自宅では、大人の食べ物を勝手に食べているリンちゃんベビーのツムギ。自由きままに過ごしているくせに、疲れたと悲しむ。実に面倒くさい。


「ねぇ、ネオのことなんだけど・・・」

ネオの秘密に気がついたリンちゃん、誰かに電話。なぜか、マサトがリンちゃんのベッドに寝ているが・・・w


「ネオって、やっぱりおかしいよ!」

「おかしいって・・・?」

リンちゃんから何か報告を受けたらしいアンリ、自身の経験も踏まえてジミーに報告・・・している最中に、ボワンと現れたネオ。


「もうバレバレじゃん」

「そうだな・・・」

ヴァンパイアであることを隠して生きるのは、ことのほか難しいのであった。


だったら、もう堂々と生きよう。夜のイベントは普通に参加できるんだし、ハッスルしちゃえ!とばかりに踊り狂うレッサーヴァンパイアのネオ。


夜が明けても踊りまくっていたせいで、日光を浴びてうっかり死んでしまうハプニング。


死にたくないという理由でヴァンパイアになったというのに・・・w

なんとかジミーが死神に懇願して蘇生に成功。


自宅に帰ってアンリから吸血。

誰からも吸血せずに生きて行けたらいいと思うが、どうにも間に合わないのだ。


ヴァンパイアになって確かめてみたかったこと、それは新ウフフ。なんと、棺桶でウフフですってよ。罰当たりな。


棺桶が宙に浮かび・・・


高速でグルングルン回転し・・・


大量のコウモリを排出し・・・


ありがちなラブコメみたいに重なって放り出されるという・・・


そんなアフォなヴァンパイアも、本を読んでるだけでスキルマスターになれるという。わりと敷居の低いヴァンパイア界であった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。