2016年12月16日金曜日

ネオは見た


広い部屋に一人暮らしではもったいないと、ルームメイトを招いたら、あれよあれよと人が増え、もはや我が家ではない状況。右端に追いやられているこの部屋の主ジミー。四人で働いても、ちっとも資金が増えない。


リンちゃんは、マサトの政党の広報担当になり、お化粧も念入りに。


失敗もあるけど。


政党の支持者を着々と集めているマサト。一体どんな政党なんだ、これ。


謎の男ユキオも、隣人達を次々と政党に勧誘。


リンちゃんは、ジミーにはよそよそしくなり・・・


ジミーがリンちゃんに近づくと、ユキオに睨まれるという・・・


「別れた方がいいと思う?」

「また、その話か・・・」

ネオもうんざり気味。


「別れた方がいいと思うよ」

「でもな・・・」

もはや恋人とも呼べない状態だし。


「俺、見たよ、あの二人の様子」

「えっ?いつ?」

ネオが部屋に来た時。


「お前、グースカ寝てたけど」

「起こしてくれればいいのに!」

体力が赤だったんだろう。


「アップタウンでも見かけたことあるけど」

「マサトがたまに演説に行ってるみたいだからなぁ」

観客が二人しかいない演説な。


「あのユキオって男、宇宙人だよ」

「えっ!?うそっ!?」

ユキオですよ、ユキオ。かつて、この名で総理大臣にまで上り詰めた宇宙人がいたでしょ。(笑)


「たぶん、何か企んでるよ。その政党も怪しいもんだ」

「マサトの政党の名前、地球維新の会とか言ってたな」

宇宙人を招き入れて、世界を一つに!なんて政策を打ち立てているということは、地球侵略が目的と考えてもよかろう。


(マサトも宇宙人なのかな・・・)

ジミー、後ろ!後ろ!


衝撃の事実を知ってから、ジミーも調理前の食材を見つめるようになってしまった。なんだこれ。バグ?

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。