2016年11月18日金曜日

ナオ先生の秘密


ナオ先生の家には、よく大家が来る。家賃、滞納してるんだろうか。


大家が帰った後、ナオ先生の部屋からハートが溢れ出てきた。おいおい・・・w


ジミーと元祖騒音男が訪ねると、ナオ先生はあられもない格好で出てきた。

ちなみに、元祖騒音男の名前はサリムという。


「ちょっとロケットの噴射に興奮しただけよ」

「・・・・・」

「・・・・・」

この騒音については、どいつも素直に謝るらしい。


「と、とにかく、静かにな!」

「・・・・・」

ナオ先生のお相手は誰なんだ。ジミーが睨んでいたサリムではないことが判明し、謎が深まってしまった。


「この植木、邪魔ですね」

「植木?」

ロマンスフェスティバルで羽目をはずして以来、リンちゃんはジミーを訪ねてこなくなり、逆にサユリちゃんが頻繁に誘ってくるように。


盗み癖のあるメイド・・・というか、メイドに扮した窃盗、ハンター。この名前も、そういう素性を反映していたのか。


盗まれたものは戻ってくるが、こうして盗品としてずっと残る。自分の家から盗まれたものなのに、なんかモヤモヤする。


ジミーは、このメイドにアンリと付き合ってはどうかと薦めたところ、メイドは喜んで応じた。しかし、二人の様子を見ていると、どうも距離を感じる。


「ねぇ!悪いところがあったら言って!直すから!」

「別にねーよ」

ありがちな俺様と下僕の風景。


「ねぇ、お願い!何でもするから!」

「っもう、うぜーな!」

ホストに夢中になるアラフォー女のようだ。


ジミーはナオ先生が貼ったメモを発見。自分へのメッセージか、それともサリムか、それとも他の誰かか・・・悶々。


もう少しナオ先生のことを探るべく、サリムと一緒に彼女の部屋を訪問。


「なぁ、彼女のこと、どう思う?」

「結構イカすよな」

あれ・・・いつの間にかデキちゃってる?w


かつては街中の女とデキちゃってたネオも、今はすっかり牙を抜かれたライオン。しかし、ナオ先生のお相手がネオではない、という保証はないけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。