2016年11月2日水曜日

心の隙間


アンリがメイドにちょくちょくチップを渡している。


ジミーは、マッサージのイズミさんとすっかり仲良くなり、彼女そっちのけで親交を深めつつある。


その一方で、ネオの店の客を片っ端からサービスする日々。どうも、ジミーは手にキスするのが好きなようだ。手フェチか。


リンちゃん、サユリちゃんと話すと、どうしてもサユリちゃんと盛り上がるジミー。


リンちゃん、アンリのコンビだと、露骨に興味が失せる・・・(笑)


そして、時々リンちゃんの愛想の良さに不安になる。だったら、もっとリンちゃんと仲良くすればいいのに。


しかし、悪魔は心の隙間をこじ開けてくる。

彼女の浮気を疑い、落ち込んでいる男を自宅に招くイズミさん。モテる女というのは、そういうもんだ。


特質が、申し分ない。明るくて、サービス精神旺盛で、ちょっと思わせぶり。


翌朝、すっかり元気になって跳ねるように帰って行くジミーの姿があった。


家に帰ると、まるで全てを見ていたかのように鬼の形相で歩いてくるリンちゃんとバッタリ。


「昨夜は帰ってないみたいだけど、どこ行ってたの?」

「ス、スパで徹夜しちゃって・・・」

あわわ・・・w



そんなこんなで、見る見る関係が冷え込んでいくリンちゃんをよそに、次々と愛をバラ撒くジミー。


もはや、デートをすればするほど逆効果。


リンちゃんの方も、色んな男から声をかけられる。


「別れた方がいいと思う?」

「そうだなー」

適当にあしらうネオ。自分の前世を見ているようだろ。(笑)


そして、悪魔がまた心の扉を叩く。

ヨガのナオ先生が家に来ないかと誘ってきた。


ナオ先生、ジミーの顔を見るなり号泣。一体何があったんだ。


その後、一眠りして落ち着きを取り戻したナオ先生は、意外と派手なキャミソールでジミーと談笑。


ひとしきり笑った後、また眠りに落ちた。


翌朝、すっかり距離が縮まった二人。ナオ先生の仕事の時間が来なかったら、一線を超えていたに違いない。


ナオ先生の仕事ぶりを覗きに行ってみると、ネオの店で買ったトンデモコーディネート服を来た男がいた。ナオ先生の疲労は、こんなところから来てるんじゃなかろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。