2016年10月27日木曜日

暴かれた真実


ジミーが手当たり次第に作って並べているカボチャのランタンが、ある日突然動いていた。こういう仕様なのか、何なのか。ホラー。


レジャーランドのような施設をギャラリーからもらってきたので、早速ジミーに行ってもらった。新しいマッサージ係にいきなり誘惑され、困惑するジミー。


ジミーのお気に入りのマッサージ係は、イズミさんという人だ。この人もお借りしてきたシムだが、彼氏を切らしたことがないという設定だったので、密かに注目の人。


ネオもイズミさんがお気に入り。


控えめなボディながら、その華奢さが逆に色っぽい。


スパの仕事がない時は、よくジムにいる。体型維持には努力が必要なんだね。


イズミさんの前で、カッコつけて派手にコケるジミー。


公園でよく見かける昭和っぽい雰囲気の女の子。


「そんなとこ座ったら危ないぞー」

「・・・・・ッ」

ジミーが優しく声をかける。


「今、パンツ見たでしょ」

「見てねーし・・・」

おませなこの子は、キヨエ。


ジミーが現実逃避している頃、リンちゃんはなぜかネオを呼び出し。普段から、ジミーよりもネオにくっついてくることが多く、嫌な予感はしていたんだが。


しかし、警戒すべきはネオではなかった。離れた席からリンちゃんに小さく手を振る怪しい男。


「あの人、誰?」

「お店のお客さんよ」

とぼけるリンちゃん。


いくら純情そうなシムを作っても、勝手にビッチになってしまう無情。


「リンちゃんが、あんな男と・・・トホホホォォォ」

「その前に、ジミーっていう彼氏もいるけどね」

号泣おじさんもがっかり。


「ジミーに何って言えばいいんだ・・・」

うなだれた様子でトボトボ帰るネオ。


翌日、ネオから特に何も伝えられていないジミー、公園でリンちゃんの姿を見かけて近寄る。


「随分、派手にコケてたね」

「ヤダッ・・・見てたのね」

いちいち言わなくていいことを。


「あなたって、そういうところあるよね」

「どういうところ?」

デリカシーのないジミーに延々ダメ出しするリンちゃんであった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。