2016年9月27日火曜日

さゆりちゃん


悠久の眠りから覚め、空中浮遊をものにしたネオ。


久々に復帰した職場に見慣れない顔。


「何ですか?」

「いや、別に・・・」

はい、ロックオン。


「店に新しいスタッフを雇おうかと思って」

「へぇ~若い子?」

公務員の副業は禁止だぞ。


「実はもう候補がいてさ、さゆりちゃんって言うんだけど・・・」

「さゆり?超美人っぽい名前じゃん」

吉永とは限らんぞ。


「今日、面接する予定なんだ」

「へぇ~見に行こっかなぁ」

すっかり仲良しな二人。


「前のスタッフはどうしたの?」

「あぁ、クビにした」

いとも簡単に。


「結構な歳だったしさ・・・」

「そういう理由でクビにしちゃダメだと思う」

その年増と恋愛関係になってたくせに。(笑)


「まだかなぁ」

「お前が来ることないだろ」

ワクワクが止まらないジミー。


「失礼しまーす」

「いらっしゃいま・・・」


「さゆりちゃん?」

「はい。ごうださゆりです」

絶対「剛田」だろうな。

(※ORIGIN ID:harichansarubouさんとこからお越しいただいたシムです)


「大神さくらパターンだったね」

「どういうこと?」

宍戸江利花パターンともいう。


とにかく、逞しい背中のさゆりちゃんには、ネオの店で働いてもらうことに。


ネオの店は、バーの横で遊戯王みたいなカードを売るついでに、コスプレ衣装なんかも売ってみることに。どうぶつの森みたいに、お客さんが試着してくれるようだ。


やっぱり、今の流行は、これだな。ハーレイ・クイン。


一番着ちゃダメな人が試着。でも、試着まで。


別の人が買ってくれたが、激しく落ち込んで帰って行った。

買った人は、この衣装をずっと着てくれるんだろうか。


いつ着手したのか分からぬ事件が全く解決しないネオ。いくら探しても、それらしい人に出会えない。赤毛にショートパンツの若い女性となると、ネオのアンテナにはビンビン引っかかりそうなもんだが。


「犯人はお前だ!」

「ひぃぃぃ」

・・・って、判るわけねーよ!w 通りがかりの市民が「この人じゃない?」というから逮捕してみたら、当たってたという・・・。福田和子もびっくりの変貌ぶり。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。