2016年6月7日火曜日

伝説のレガシー:四代目


「可哀想に・・・我が子を知らぬままか」

ヘンリーが死亡。そして、離婚した元妻ジェイルが、再婚後に産んだ娘がヘンリーの子供だったことが判明。ターニ家の血も静かに残ったわけだ。


ソード家から嫁に出たウメコも死亡したので、まだ幼い息子(カエデ・左)をソード家で引き取ることに。苗字は父親の「アキバ」を継いでもらうけど。


三代目からすっかり肌の色が黒くなったソード家。金髪・色白を取り戻したいので、四代目の結婚相手は吟味したいところ。お、コリンズ家のサヤカお嬢様がいい感じだ。


もう一人、よさそうな子を発見。これが、ヘンリーとジェイルの間に生まれたオリビア。ネオとノヴァの血を引いた子。


三代目、夫の息子とデキていることを、夫に知られてしまう。


そして、また、夫ではなく、その息子の子を産んでしまう。


夫は、妻の不貞を胸に秘めたまま永眠。


夫の息子、未亡人になった三代目にプロポーズするも拒否される。子供の父親と正式に結婚して、幸せな家庭を築き直せばいいものを・・・そうもいかないのか。これを機に、二人の歪んだ関係は終了。


そんな二人の長男がティーンに。なかなか迫力ある顔立ちの四代目。


死んだイズルとウメコの一粒種カエデもティーンに。髪型を父イズルと同じにしたら、顔がそっくりだと判明。


四代目、かねてから目をつけていたコリンズ家のサヤカ嬢にアプローチ。


四代目の弟、サヤカ嬢のあふれる色気に目が釘付け。


思わず手が伸びる。(笑)


しかし、サヤカ嬢は四代目には興味が湧かないようで、ウメコの息子カエデに興味津々。


カエデには独立してもらってアキバ家の子孫繁栄をお願いしたいので、そのお相手はサヤカ嬢にしよう。


「ジェイルにそっくりだな」

「あんた誰?」

ヘンリーとジェイルの娘オリビアもティーンに。見事なぐらいソード家の特徴を継いだ子。ちょっとボーイッシュなボディが残念だが。


四代目は、このオリビアと付き合うことに。


「チャッキー、見てみて」

「悪そうなツラだな」

サヤカ嬢のボディに息を呑んでいた四代目の弟、ギャングみたいな風貌に成長。


兄の恋人オリビアと徐々に親しくなるが・・・


「ティフ、始まるぜ」

「五代目の誕生も近いわね」

弟の入る余地もなく、四代目とオリビアはトントン拍子で結婚。


弟が出した火災を夫婦で消火に当たるなど、息もピッタリ。


オリビアは、ティーンのうちに五代目を出産。ちょっと肌の色が薄くなった感じがする。

しかし、このペースでプレイしていたら、100代を超えるには100日ほどかかりそうな気がする。結構、果てしないチャレンジだな、といまさら気付くプレイヤーであった。

2 件のコメント:

  1. いつも楽しく見させてもらってます!

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!

      削除

日記へのご意見・ご感想などあれば。