2016年5月31日火曜日

伝説のレガシー:二代目


「姉さんの写真ばっかり」

「昔の写真だよ」

ヘンリーの部屋を訪ねたジェイル。


「もう忘れちゃえば?」

「そんなんじゃないって」

ウメコは、イズルと結婚。エミとの潮時を迎えていたヘンリーは、あっけなくジェイルのアプローチに墜ちる。やはり、若い方が良いのか、そうなのか!w


シムの一生を短く設定すると、街中で人がバタバタ死ぬ。死神、大忙し。


ハスの養母も老齢化。このまま死んでしまうと、娘が施設送りになるので、ハスが引き取ることに。


ネオから数えて三代目の子。


なんちゅう格好させるんじゃ。


普段着もまるで男の子。

とりあえず、第三部は実績「伝説のレガシー」に向けて早送りプレイをするので、名前は特に付けずに行く。100近くも名前考えるの面倒・・・大変だし。


初代のネオは、井戸に若返りを頼んで死亡。まぁ、いずれ老衰で死んでたところだから、このまま幽霊としてソード家の行末を見守ってもらおうか。


「結婚したんだって?」

「えぇ、そうよ・・・」

シングルマザーとして産んだ子を実家に預けていたハネルも、両親の老齢化で実家に出戻り。その後、両親は他界し、自らも人間と結婚した模様。


その相手が、こんな爺さん・・・。やけになったとしか思えない。(笑)


「あの男、誰だ」

「さぁ・・・三代目の家庭教師かしら」

奇抜な子供は奇抜な人を好むのか。


たまたま道で出会ったモヒカンと意気投合。どうやら近所に住む男らしいのだが。


「また、うちでメイドやる?」

「いいの?」

子供が成長して独立し、結婚したばかりの爺さんはすぐに死んでしまい、一人暮らしになってしまったハネル。ハスは、メイドとしてまた家に呼び戻すことに。アンナほど役には立たないが、いないよりはマシだろう。


そして、ハスの最愛の養母も死亡。しかも、ハスの目の前で。


「相当落ち込んでるわね」

「若い女と結婚でもすりゃいいのに」

まだ一度も結婚していない二代目。


そして、母の死から数日、三代目がティーンに。サングラスは外してくれたが、なんともシャープな顔立ち。しかも、ソード家の特徴である色白と金髪が全く受け継がれず。


早速、あのモヒカンに猛アプローチ。しかし、三代目の成長を待たずに、モヒカンはすでに結婚していた。彼と結婚したいなら、略奪しかない。


再び呼び戻されたことで、ハネルのハスへの愛情が再燃。何度も告白するが、そのたびに拒絶される。友情MAXでも拒絶される。よっぽどなんだな・・・(笑)


ハネルは、井戸に恋愛祈願をしては、出てきた男を次々誘惑。


しかし、宇宙人であることがバレたら記憶消去。


ようやく、純粋な人に出会え、宇宙人だと見破られることなく結婚までこぎつけた。


実績「2重生活」を達成。

何度かやってみて、キスしたり触れ合ったりすると、宇宙人とバレるんじゃないかと思った。今回は、一切触れ合わずに結婚まで持って行った。当然、実績達成後は記憶消去。結婚もなかったことに。


不本意な恋愛から解放されたハネルの前に、あのモヒカンが。そして、こともあろうか、三代目の前でハネルを誘惑。


当然、面白くない三代目。しかも、ハネルに心奪われてしまったモヒカンは、三代目のキスを拒絶するように。


「パパ、あのメイド追い出して」

「どうしたんだ?」

父に泣きつく三代目。


娘から追い出してと言われたのに、ラブコメですっかり心に隙ができている瞬間を狙われて・・・


「私、これからどうしたらいいのか・・・」

「泣くなよ」

ハネルから変化球アプローチ。


パーティに出かけたハスを追いかけてまで泣きつくハネルに、ハスがついに陥落。


「うれしい・・・」

「しょうがない」

まさに、しょうがない!ハスの人生は、常に誰かの情にほだされる形で受け入れてきたもの。学生時代からずっとアタックしていたハネルを、そのまま老齢化させるのは可哀想になったのだ。


「どういう心境の変化?」

「くくっ・・・知らねぇな」

長い長いハネルの片想いは終わり、二人は結婚。その後、二人揃って老齢化を迎えるのであった。


ハネルが宇宙人との間に産んだ子カザル(帽子の)は、デイビス家のシムと結婚。三代目の結婚相手探しは、どうなることやら。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。