2016年5月16日月曜日

少しリッチになったハス達


アンナの倹約家特質のおかげで、請求書の金額が§2000~§3000ほど減額された。


それでも、アンナは休むこと無く働く。お金を貯めて貯めて貯めて、夫シンと二人で新居を購入し、この家から独立するという夢に向かって。


庭の植物収穫だけでは足りないので、例の心霊スポットへ。ここにもたくさん植物が植わっている。そこで、かつての憧れネオと遭遇。


ネオは、意外なことに娘ウメコと一緒だった。二人で何の話だろう・・・プレイヤーの方が気になるのであった。(笑)


財布に余裕があると、気持ちにも余裕が生まれる。まだ行ってなかった噴水公園へ。


石鹸を入れて遊んでみる。とんだ迷惑行為。


今週はシンの活躍もあって、請求書を支払った後にも少し余裕があったので、実家に少しばかり仕送りを。


また残金が流出したのを知り、性懲りもなく井戸に救いを求めたアンナ。しかし、今回は見たことのない光が。そして、ジャラジャラと出てくるコイン。


「やったーーーっ!!!」

お金の願いが初めて叶ったようだ。§10,000ちょいゲットした。


「このお金を新居資金にしよう!」

「そうだね!」

夫婦はにわかに盛り上がる。


「イェーイ!」

「イェーイ!」

盛り上がる二人。


しかし、§10,000ではどうしようもなく、まだまだ独立への道のりは遠い。アンナが必死で働く横で、夫シンはハネルに目配せする。


旅団のメンバーは、また庭いじり。秘密結社、どうした。


アンナが必死で働いている間、シンはハネルをデートに誘う。いくら成功報酬目当てでも、妻の労働中に、妻の身近な女性とデートはまずいのでは?w


その頃、アンナは、謎の意識障害に見舞われていた。


しかし、この二人に良からぬことは怒らなかった。ゆえに、デートの成功報酬も本一冊。たいした稼ぎにはならず。


ハネルのバスタオル姿に何も感じなかったシンだったが、マッサージ担当の男性に魅惑の自己紹介。


どういうつもりか知らないが、とりあえずマッサージをしてもらう。


さらには、悪名高きレネゲイズのお姉さんから誘惑されたり。ネオのDNAを受け継いでいるだけあって、色恋沙汰を惹きつけやすいようだ。


それでは、働き者のアンナがあまりにも気の毒なので、たまには夫婦でデート。もちろん、成功報酬ゴールドメダル狙いだけど。


久々の夫とのロマンスで浮かれたアンナ、街へ繰り出す。背後に、またもやネオの姿。


「ネオ~、元気ぃ?」

「うん、まぁ」

体をくねくねさせながら、話しかけるアンナ。


おかしなテンションでさらに腰を振る。


「じゃぁ、記念に一枚」

「OK!」

・・・って、どんな流れやねんw シム達のフリーウィルに後からシナリオをつける作業は、支離滅裂になることもある。


メイド達の稼ぎを横領しているだけのように見えるハスだが、密かに本を2冊ほど書いて印税を稼いだりもしている。そして、いたずらスキルが上がり、架空請求ができるようになったので、ここからが本番だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。