2016年3月11日金曜日

ハスのクラブ勧誘


「キレイなお母さんだね」

「あぁ・・・ハス」

イズル親子の前に突如現れた不吉な男。


「君はプログラマーを目指してるんだって?」

「そうだけど」

ハス、さほど仲良くもないのに、イズルの部屋に進入。


「クラブ立ち上げたんだけど、君に参加してもらいたいなぁ」

「どんなクラブ?」

実は、ハス、アバンギャルドのリーダーの座にも着いたばかり。読書しては本をあちこちに散らかす団体だったので、読んだら片付ける!をルールに加えるために。そっちは近々辞める予定。


「閃光旅団っていうんだけど」

「まさか、盗みなんかしないよね・・・」

幻影旅団ではない。名前はそこから借りたけど。あと、閃光のハサウェイからと。


「しないしない、ただ暮らしを楽しむだけ」

「それだけで、なんでプログラマーが必要なんだよ」

まぁ、それは追々・・・w


「それはそうと、君のキレイなお母さん、ウメコの父親と不倫してるんだって?」

「な、なんでそれを・・・」

イズルが一番えぐられたくない部分。


「大丈夫だよ、ウメコには言わないから」

「ゆする気か!」

弱みを握って牛耳るだけよ。(笑)


「とにかく、期待して待ってるから」

「・・・・・」

参加するしか選択肢はない。


家に帰ると、イズルの妹ハネルが来ていて、キッチンの掃除をしていた。


「アンナは掃除も料理も下手で使えないんだ」

「私なら少しは上手にできると思うわ」

たいして変わらんだろ。


「クラブ、君が参加してくれて嬉しいよ」

「ハスがいるから入ったのよ」

口の軽いメイド、プログラマー、宇宙人を手中に収めたハス。


「何よあれ・・・」

ハスに媚を売りまくるハネルにイラッとするアンナ。女同士の友情なんて、男が絡めば脆い。


ハスの入浴に仰天したばかりの屋外風呂にゆっくり浸かりながら、悶々とするアンナであった。今日も、植物売却の収入程度。


ハスがオーディオを購入。アンナには内緒。


「見て、この家具!女ウケ狙ってるんだわ、きっと!」

「きっとそうだ・・・」

ハス、クラブのメンバーとの集会のために、家具を購入。その散財よりも、裏に潜む意図を勝手に想像して怒るアンナ。


(またやってんのか・・・)

二股を疑う年上女と、ご機嫌取りに必死な年下男。このややダメな男ヘンリーもまた、ハスのクラブに入会。女の懐に入るのが上手い男は何かと使えそうだしね。


家具を買って少し残金は減ったものの、こんなに残して一週間を終了。

宇宙娘ハネル、嬉しそうな足取りで家路に就く。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。