2016年2月21日日曜日

ハスの頼み


メイドの仕事もそこそこに、井戸の魔力に取り憑かれたアンナ。


性懲りもなく恋愛祈願をしたところ、一度だけ使える究極の口説き文句をゲットした模様。


「はーい、ネオ」

「なんだよもう・・・」

もっと健全な恋を望んだらどうかと思うが、アンナの狙う相手は常にネオ。


「ねぇ、ネオ・・・」

「ん~?」

完全に上の空なネオ。


「あなたの卒論待ってるから」

「卒論?」

ロマンスが有り余っているようだ。


井戸のアドバイス恐るべし。一気に愛情ゲージが9割ぐらいまで上がり、元カノの娘とも関係を持ってしまうに至るネオなのであった。まぁ、その元カノはもう他界してるしね。そういう問題かw


アンさんは出世の願いは叶ったようだが、お金の願いは叶わずに大金を失うはめに。二人とも、井戸に落ちてしまわないようにね。いろんな意味で。


「やぁ、ヘンリー」

「あ、ども・・・」

図書館の前でバッタリ出会った謎の金髪少年ハスとヘンリー。


「君に折り入って話があるんだ」

「俺に?何?」

意味ありげな顔でヘンリーを見つめるハス。


「君、盗みが得意なの?」

「ど、どういう意味・・・?」

新しく入った「盗み癖」という特質をヘンリーに入れておいたのだが・・・


フリーウィールで勝手に物を盗んでくれて、気がついたら世帯の持ち物が盗品だらけになっていた。


公共施設の大道具まで盗んできやがって、何ちゅうことしとんじゃい!w


「俺、見たんだよ、君がウメコの家から洗濯カゴ持って出てきたのを」

「なっ・・・」

ウメコの家で、こともあろうか洗濯物を盗むというハレンチ行為。しかも、カゴごと。(笑)


「ウメコには内緒にしておいてやるから、一つ頼みを聞いてくれないか」

「どんな頼みだよ」

もはや完全に弱みを握られ、断れないヘンリー。


「ある女性の家で、俺に関するモノを探して欲しいんだ」

「何?」

それを盗んで来いと?


「盗んでこなくても、確認だけしてもらえればいい」

「わかった・・・」

これを機に、もう盗みは卒業だぞ。(プレイヤーとしても面倒だしw)


(嫌な予感しかしないな・・・)

気が進まないヘンリー。


「よぉ、アンナ、会いたかったぜ」

「アンタ、エミのことも口説いてなかった?」

会いたかったと言っただけで、アンナのことは口説いていない。


「ある女性って、アンさんのことか」

メイドが軽薄なアンナだから、家にはすんなり潜入成功。


「なんだこの気持ち悪い人形は・・・」

ネオと結婚してた時に買った思い出の人形です。(笑)


「ハサウェイ・ソード・・・」

アンのベッドの横には、大事に飾られた出生証明書が。


「あ、エミ~!今日さぁ、ヘンリーに口説かれちゃった♪ 彼、チャラいねw」

「そ、そう・・・」

おしゃべりなトラブルメーカーは、話を勝手に盛って広げてしまうのであった。

2 件のコメント:

  1. 犬の飼い主2016年2月23日 12:18

    更新お疲れ様です!
    クロエさん他界にかなり衝撃でした
    かわいそうな面もありますが、今思えば自由に生きてた面もありますね(笑)
    これからも応援してます

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!
      クロエは、年上だった上に、ネオが一回死んで若返ってるので、さらに歳の差ができてしまいました。あの世でも自由に生きて欲しいです。(笑)

      削除

日記へのご意見・ご感想などあれば。