2016年1月22日金曜日

汚れた軌跡


このジェンガのような、そうでもないようなゲーム。


対戦して負けると悲しくなる。


勝つと幸せになる。


かつての同居人イエローちゃんとラマってると、何やら物々しい格好の二人が参加してきた。チェックしてみたら、ネオの妻タケコさんとお目付け役ノヴァだった。覆面してまでネオを監視かw


そんな二人の存在に気付かずに奔放に行動するネオ。店の至る所にクローゼットがある環境も問題だと思う。(笑)


「ネオ、あの女容疑者の取り調べは進んでるのか?」

「あ、はい・・・」

ネオが度々外へ連れ出してるあの子。


「留置所生活とは思えんほど、ふくよかになってきたと思わんか?」

「そう言われれば・・・」

そりゃ、いいもん食って、遊びまくってるからな。


「本部長が怪しんでる」

「じゃぁ、早く出してよ!」

もうそろそろ潮時ですな。


「俺が脱獄させてたことなんて、絶対言うなよ」

「言わないわよ」

取り調べより己の保身が大事なネオ。


「もし言ったら・・・」

「言わないってば!」

最低な警察官。


「もう、あなたには関わりたくないのよ」

「・・・・・」

秘密を守るのは自分のためでもあるわけね。


「わかった・・・これから裁判がんばれよ」

「そうね・・・」

何の罪か知らないけど。


「あの女、妊娠してたようだな」

「そ、そうなんですか・・・」

本部長、チャットしてる場合じゃないよ。


(まさか・・・)

いや、それしかないよ。

ちなみに、興奮して茂みに飛び込んだら、誰かの何かが残されていた事件があった。なんちゅう不潔な設定が仕込まれているんだw



そんなばっちい夜を最後に、悪徳警察官と哀れな容疑者の関係は幕を閉じたのであった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。