2015年10月24日土曜日

育ってきた次世代


病院の玄関で、クロエの夫サトウ君が倒れた。


ネオの適切な処置によって、サトウ君は無事に一命を取り留めた。


しかし、その後、今まで病院に来たことなどほとんどなかったサトウ君が、頻繁に通院してくるように。どこかを病んでしまっているのか。


そんなサトウ君はゴリエ先生に任せて、女性患者を優先的に診ていたら、珍しくミドリさんの姿もあるじゃないか。


何か言いたげな目でじっとネオを見つめるミドリさん。


時間が無くて、ミドリさんを診察できなかったネオは、帰りに彼女に家によってご機嫌取り。そこへ、息子のイズルが帰宅。宇宙人ハゼルとの間に生まれた、宇宙人の素質を持っていない子。


母親のハレンチな姿を見て、目を伏せるイズル。


「大きくなったな、イズル」

「あ、はい・・・」

行儀よく足を閉じて座るイズルに、緊張の色が見える。


翌日、珍しくサトウ君がネオの自宅を訪ねてきた。


「お前に話すのも何だけど、職場の不倫相手が失踪したんだ、子供も連れて」

「えっ!?」

未プレイの世帯としてライブラリーに置いておくと、いつの間にか削除されてしまうシステムのせいで。血の繋がった子供も、容赦なく。家系図からも消えてしまう完璧な失踪。


「まぁ、でも、これでよかったのかも」

「厄介な存在が消えたんだもんな・・・」

何年も後に、遺産相続で揉める可能性もあるけどね。


「とにかく、俺は今の家族を守っていくと決めたから」

「そういうことね・・・」

妻クロエの浮気相手ネオに、身を引けというワケだ。


「俺達、もう終わりだと思うんだ」

「何よそれ・・・」

若い頃から、付き合ったり、同棲したり、別れたり、また付き合ったり・・・を何度となく繰り返してきた二人。


「もう、子供達だって大きくなったんだから・・・」

「だから、何だって言うのよ!(号泣)」

ここまで深く付き合ってきて、老齢化を前にたいした理由もなく捨てられるクロエの悲劇。


「泣くなよ・・・君にはサトウ君がいるじゃないか」

「あぁぁぁぁああああっん!!!(さらに号泣)」

散々不倫して、最終的には丁重に夫に返す間男。


「大きくなったな、アンナ」

「えへw もうウフフなこともできる年齢だよ」

子供の頃からおませだった、クロエの娘アンナ。


「ママよりずっと若いし、ピチピチだよ」

「そうだな・・・そのデカいケツも、ママ譲りだしな」

シムズ3の遺伝のようなトンデモ奇形にはならなかったので、基本的に何もいじらずにそのまま。メイクで顔はちょっと濃くなったけど、体型は遺伝のまま。全体的に細いが、尻だけはダイナマイト。


「あたし、ネオがパパだったらよかったなぁ~」

「バーカ」

クロエとはきっぱり別れておいて、その娘に手を出すんじゃないだろうな・・・ネオ。いくらなんでも、そこまで鬼畜だとドン引きだぞ!w

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。