2015年9月26日土曜日

ネクスト・ジェネレーション


UFOに誘拐されてから、ユウコに少し変化が。


相変わらず、善人ノヴァとは相性がよくないが、それでもユウコからノヴァへの友好度はほぼMAX。なぜか、ノヴァからユウコへの友好度が低いけど・・・。


「それは、ユウコちゃんがノヴァを信頼してるってことだよ」

「そうなの?」

仕事帰りのカミーユが語る。


「でも、バチバチと喧嘩寸前みたいなこと多いよ」

「でも、ノヴァは怒らないでしょ」

そう。たいていキレるのは悪人ユウコで、善人ノヴァは悲しくなるだけ。


「ノヴァって、好きな女とかいないのかな」

「それはそうと、僕と結婚しない?」

サラッと大胆な提案をするカミーユであった。(笑)


「ネオ先生~!熱!熱があるの!」

「おやおや、またおねだりかい?」

何のプレイだ。(笑)


「他の患者の診察が終わるまで、大人しく待ってな」

「んもう!待てない~!」

(大丈夫か、この医者・・・)

見事なぐらい毎日病院に来るクロエ。もう一般患者の診察はポイントにならないので、適当にすっ飛ばすネオ先生。


次なる昇進に必要なのは、子供を取り上げること。


そして、分娩が無事に成功し、華々しく外科医に昇進。

産婦人科医を経て外科医に昇進する仕組みが謎だけど。


「おかえり~、初めての分娩どうだった?」

「楽勝だったな」

まぁ、機械まかせだしね。


「お前の子供も俺が取り上げてやるよ」

「アハハw あ、そういえば、お隣のアンちゃんさ・・・」


「赤ちゃん生まれるみたいだよ、未婚の母になるんだって」


「え・・・?」


衝撃の報告に、胸騒ぎのネオ。慌てて、アンちゃんの家へ。


「なんで、すぐに言わなかったの」

「あなたに迷惑かけちゃいけないと思って・・・」

とにかく、ネオの血を引く男の子が今ここに!


「あぁ・・・・・俺の子?だよな?なんだよな?」

アリッサの家から抜けだして会った、あの時の子だよな?w


「結婚しよう!三人で暮らそう!」

「えっ・・・」

陣痛の最中、勢いに任せてプロポーズ。


(いいのか・・・俺・・・)

複雑な心境。(笑)


陣痛の痛みと仕事の疲れでダウンしてしまったアンちゃん。さぁ、もう病院へ行こう!


「縁起でもねぇーーーーー!」

病院の受付に就任したばかりの死神がお出迎え。


ネオは自分で取り上げたいところだが、ここはゴリエ先生にお任せ。


「ががががんばれ!おおお落ち着いてな!」

「ヒッヒッフゥーーーッ」

オタオタしながら立ち会うネオ。


ゾワッ!

背後に忍び寄る死神。(笑)


赤ちゃんは無事に生まれ、廃棄物のようにつまみ上げられた。

ネオの初めての息子は、ハサウェイと命名。(アン・ハサウェイから拝借w) 結婚しても苗字が変わらぬシステムだが、ソード姓は引き継いでもらいたいので、妻のアンちゃん共々ソード姓に。ハサウェイ・ソード。


「ってことで、結婚したから」

「お、おまえ・・・」

「呆れた!」

ノヴァとユウコには事後報告。


「ネオが結婚かぁ・・・」

「な、なんだよ・・・その目は」

ネオの突然の結婚にキレることもなく、ただただ意味ありげにノヴァを見つめるユウコであった。

2 件のコメント:

  1. アンさん、安産おめでとうございます(<駄洒落ではない) 
    恋の狩人もついに年貢の納め時でしたか 誰も妊娠せずにカミーユと結婚するかと期待していたのは内緒です
    それからついでに(<酷)ネオも昇進おめでとうございます 産婦人科医を経て外科医に昇進というシステムは謎以外の何物でもありませんがw
    ノヴァとユウコちゃんの仲も何らかの進展があるといいですね
    ではでは・・・

    返信削除
    返信
    1. 私も、誰も妊娠せずにカミーユと結婚かと思ってましたw しかし、ふとお腹の大きくなったアンちゃんに遭遇してビックリしました。ま、そういう人生もアリかなw

      これから、ネオ以外の人生も、徐々に動いていくと思います。神の気まぐれで・・・w

      削除

日記へのご意見・ご感想などあれば。