2015年9月4日金曜日

ハゼルの新たなるターゲット


(いい絵が描けたな・・・)

バットマンのロビンみたいだね。


「今日から俺がドクターだ!」

「はぁ・・・」

出世して医者になったネオ。その影響でか、病院内の人事異動があった模様。


ピンクの白衣なんか着ちゃってたゴリエ先生は受付に。


看護師だったアレクサンダーがゴリエ先生のポジションに。

あれ?ネオも医者なのに、今まで通り患者を診るわけ?w


診断を間違えて、クロエが昏睡状態に・・・(爆)

たいした病気でもないのに頻繁に病院に来てたら、とんでもない目に遭うよ。


(はぁ・・・)

モユルが失恋。


「いい絵が描けたから見せたくて・・・」

「それだけ?」

モユル、心の友ネオを自宅に招待。


「なるほどね・・・そういうことか」

「付き合ってたわけじゃないけどさ、いい感じだったんだよ」

モユル、いい感じだった女の子が去っていったことを告白。


「その子が好きになった相手っていうのが、ハゼルなんだよ!」

「ハッ!なんてこと・・・」

自分の腹から出てきたハゼルに、意中の彼女を奪われる悲劇。


「だいたい、女はみんなお前かハゼルに持っていかれるんだ!」

「そ、そういう言い方は心外だな・・・」

ハゼルはそこまで数をこなしていないし、ネオはモユルからは誰も奪っていないよ。


「ごめん、ちょっとカッとなってしまった・・・」

「いいんだ・・・・・」

モユル、反省。


「とりあえず、食ってストレス発散するのやめろよ」

「だって、腹が減るんだよ」

普通、何も喉を通らなくなるんじゃ?w


「モユ、ちょっと痩せたら、いい男になると思うよ」

「そう?人生変わる?」

自分改革に意欲を見せるモユル。


「実は、ちょっと気になる子がいるんだよね!」

「ちょ!またネットアイドルかよ!」

ギャラリーで一番人気だったシム、ビクトリア嬢。これ、CC無しらしい。できるんだね、こんな美人が。


とにかく、モユルは結果にコミットするのであった。


「なぁ、ハゼル、人のものを奪っちゃいけないぜ」

「何の話?」

ハゼルに真相を聞きに行くミーハーなネオ。


「ネオだって、奪いまくりでしょ?」

「なっ・・・!」

ハゼルの反撃。


「俺は奪ってない!借りてるだけだ!」

「よくわからないな」

ネオは間男専門なのだ。


「とにかく、今度の子は本気なんだ」

「じゃぁ、ミドリさんは何だったんだ・・・」

実験?w


「彼女、宇宙人なんだ」

「エッ!?そうなの?」

人間への播種で失敗したハゼルは、次は宇宙人との間に純血の子供を作ろうとしているのであった。


「誰?俺の知ってる宇宙人?」

「知ってるんじゃない?アリッサだよ、前にジムで気持ちが通じたんだ」

ネオが手を出した子ではなさそうだ・・・そうか?(忘)


「ちょっと調教して、見た目は変えさせたけどね」

「調教って・・・」

ネオより格段に邪悪な精神の持ち主だ。


「あっという間に俺の言いなりさ」

「怖いよ・・・ハゼル・・・」

若くておバカな娘なんだ、きっと。


「少々気性が荒くて、料理も掃除も何もできないのが難点だけどね」

「どうせ一緒に住む気ないんだろ・・・」

生まれてくる子供が100%宇宙人であればいい。ハゼルの野望は、その一点だけであった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。