2015年9月12日土曜日

ロシアンウェディング ゴリエ編


「往診に行ってきます」

「い、いってらっしゃい・・・」

受付のゴリエ先生に軽くキッスして、今日も往診に出かけるネオ。


そして、その訪問先になぜかゴリエ先生がいるというお約束。


「ここじゃまずいでしょ?」

「治療だから大丈夫」

ゴリエ先生が往診先のレギュラー患者なら、クロエも通院患者のレギュラー。毎日毎日、よくもそんなに病気になれるな。


ネオは正規看護師に昇進し、手術ができるようになった。


早速、手術してみたが、この患者はただのラマ風邪だったようだ・・・(笑)


誤診で手術しちゃった直後に、受付で倒れた人が。意識がほとんどなく危険な状態!?それは大変だ!!!


なのに、歩いて手術室に行かせる鬼のような病院。


ネオが執刀に当たるが、途中でミドリさんから「今日うちに来ない?」的な電話が入る。行きたいのはやまやまだけど、ロシアンウェディングの公平性に反するからやめとこう。


急患の腹からこんなものが出てきた。手術はとりあえず無事成功。


その夜、店に出たネオは、衝撃の光景を目撃する。ゴリエ先生、見知らぬ男に口説かれてるじゃないか。しかも、まんざらでもない反応。


バッチリ目撃し、ガッツリ落ち込んだネオ。22時間って・・・長ッ。(涙)


それでも、ロシアンウェディングの三人目はゴリエ先生。


豪華なお屋敷を訪ねてみたが、ゴリエ先生を一人リビングに残して、さっさと上階へ行くネオ。


そして、ゲームに夢中。


ゲームが一段落したのか、暗いキッチンで洗い物をするゴリエ先生を背後から見つめるネオ。


しかし、素通りして・・・


盆栽のカット。(笑)


ゴリエ先生が他の男といちゃついたことが影響し、ロマンチックな行動には一切出る気が起こらないらしい。愛情度はゼロになったが、友好度が上がって「いい友達」に。


翌日、一人出勤したゴリエ先生、疲れた表情で帰宅。


ネオに見向きもせずに就寝。


しばらくして、起きてきたゴリエ先生は何かをひどく悲しんでいた。


そんなゴリエ先生を慰めるネオ。


しかし、頭が痛くなってしまう。

結局、他の男といちゃつくシーンを目撃して愛情が一気に冷めてしまったこともあり、ゴリエ先生との二日間は、ウフフ無しで終わった。調べてみたら、ゴリエ先生はネオ以外に3人の男といい感じになっていて、結構なビッチと判明。結婚には不向きだね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。