2015年6月2日火曜日

!#*%&$@%なクロエとネオ


ネオは、時々意味不明なものを見ている。


そして、50人ミッションは終えたというのに、いまだにロマンスの輪が広がっている。


そんなネオの様子を、ちょくちょく観察しているクロエの娘アンナ。夜の遅い時間にバーに現れることもあり、心配というより恐怖すら感じる。


アンナがバーに来た翌日、クロエがひどく落ち込んでいた。


「もうあなたとの関係は終わりにした方がいいと思うの・・・」

「・・・・・」

娘アンナに気づかれたか?


ネオ、ふて寝。


(いっそ、死んだ方がマシだ・・・)

ノヴァの机の上にあった汚染された薬を飲むネオ。



(まっずぅ・・・牛乳で口直ししよ)

汚染された薬、まさかの効果なし。


やさぐれているネオに、アリッサから電話。

おぉ、誕生日パーティに誘ってくるとは、新しい機能だな。そして、あとで気づいたが、この誕生日パーティに参加すると、誕生日のシムは年を取ってしまう。加齢をOFFにしていても。気を付けないと、恋人が老齢化してしまうこともあるなw


誕生日パーティだと言うのに、アリッサの家に着くなりゲーム三昧。


「あ、おめでとう!」

「・・・・・ありがと」

おめでとうと言うコマンドがあったので指示したら、座ったままという無精スタイル。


誕生日パーティには、他にもたくさん呼ばれていて、クロエの夫サトウ君の姿も。


サトウ君、妻クロエを伴って参加し、ことあるごとにイチャイチャする。


夫と仲良くするクロエを見て複雑な心境になるネオ。

揺れる思い、23時間も続く・・・(笑)


誕生日パーティが終わった後、タケコさんに呼び出されたネオ。

しかし、悲しくて悲しくてテンションが上がらない。


「いい加減、目を覚ましなさいよ」

「グスン・・・」


「もうっ!全然楽しくないわっ!」

「・・・・・」


「うわーーーん!」

「よしよし、もうあの世に行くかい?」

タケコさんに怒られて、死神にすがりつくネオ。タケコさんとの長い親友関係は終了。


数々の女達の写真に囲まれて、泣きながら眠るダメ男。


23時間が過ぎ、ようやく気分が晴れてきたネオは、川辺に佇むクロエを発見。


「やあ、おはよう!」

「おはよう・・・」


「君がいない生活なんて、俺には考えられない」

「私もよ」


「俺達、相性抜群だもんね」

「フフッw そうねw」

(このバカップル、またやってる・・・)


「あ、ユウコちゃん、おは・・・」

(バッカじゃない・・・またこの女とヨリ戻す気?)

ユウコは、とにかくネオのロマンス現場を目撃してはプリプリ怒っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。