2015年2月6日金曜日

ラブ・ミッション


(今日、なんで呼ばれたんだろう・・・)

ネオに呼ばれて来たゴス家のアレクサンダー。元ルームメイトのイエローちゃんに猛烈に迫るネオも目の当たりにし、素朴な疑問が湧く。


一緒に住んでいたし、何度も口説いた気はするが、キスはまだしてなかった様子。


「俺はユウコみたいなお子ちゃまより、お姉さんみたいな人がタイプなんです」

「まぁ、知らなかったわ」

まだ唇も乾かぬうちから、ユウコの父親違いの姉に迫るネオ。


このお姉さん、しょっちゅうカリカリしてる姿を見るが、ものすごいハイスピードで落ちた。


「さぁ、狭いけど遠慮せずに♪」

「おじゃましまーす・・・」

テントへの誘いも一発でOK。いくらなんでも尻が軽すぎる。(笑)


しかし、それだけのことはある。アリッサでは出なかったキラキラが爆発。


「ヤバい!時間がないから・・・ごめん!」

「んーーーっ!?」

何の前戯もなく、いきなり唇を奪う暴挙。しかも、男の。アレクサンダーが呼ばれた理由はこれだった。


一回のパーティで三人とファーストキスするミッションをクリア。(笑)


「ユウコに話したら、なんて言うかしら~♪」

「ヒステリー起こすから、やめてくださいよ」


パーティを終わらせたら、元カノ・クロエの家へ。


「あら、なぁに?珍しいわね」

「元気かなーと思って」


そこへ、外出から帰ったクロエの夫サトウ君。


「アイツ、何しに来たんだ?」

「た、たまたま近所を通りかかっただけよ」


咄嗟に赤ちゃんにミルクをやるネオ。


「あぁ、ハニ~♪」

「ねぇ、お願いだから、帰ってよ」

夫が部屋から出ると、セレナーデを歌い出すネオ。さすがに赤ちゃんのいる人妻とアバンチュールはまずいぞ!w

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。