2015年2月24日火曜日

折り返し地点


「もう、いい加減覚悟決めなよ」

「だってぇ~」

こないだのキャンプで前戯は済ませてあるのだから、さっさと終わらせたいネオ。


「どうしよっかなぁ~」

「・・・・・」

もったいぶっても、結果は同じ。(笑)


帰りに久々にジムに寄ったネオ。前に蘇生してやった元幽霊アマンダと遭遇。


「相変わらず不埒な生活してるんですって?」

「だ、誰がそんなこと・・・」

アマンダの目が怖い。


しかし、所詮は元恋人。情熱は簡単に再燃。


真っ赤だった恋愛ゲージがこのぐらいまでしか回復してなくても、アマンダの受け入れ態勢はOK。


仄暗い部屋の中で22人目クリア。


アマンダの家から出ると、タケコさんとバッタリ。全てを見透かしたような冷たい視線がネオに刺さる。


水道が壊れて、床が水浸しに。きれい好きなノヴァもネオも、自分からは全く拭かない。プレイヤーもそんなことに時間を裂きたくない。

なので、単発でメイドを依頼した。


「男二人だとダメだな」

「もうキレイになったわよ」

なぜか、私服で来たメイド。


「よかったら、これ取っておいて」

「ありがとう!」

料金とは別にチップを渡すネオ。


「ところで、ものは相談なんだけど・・・」

「え?」

最低だ・・・(笑)


お金払ってまでお願いしたのは、もちろんこれ・・・とほほ。


「あ、あの子だ!」

ティーンズ世帯8人のうち最後の一人が通りかかった。


「ネオランド24番目の来園者おめでとう!」

「なんのこと?w」


ティーンとは思えない迫力あるダイナマイトボディ。


しかも、ネオの誘惑を一切拒むことなく、すんなり受け入れる扱いやすさ。


初対面からほんの数分で最後との砦が陥落。

いよいよ折り返し地点が見えてきたな。油断せずに行こう!w

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。