2014年12月5日金曜日

ネオ、ハーメルンの笛吹き男になる


新しい交友関係を築くと、たちまち訪問者が増える。今日は、バーテンのアリシアちゃんが来ている。その目の前で、ルームメイトのイエローちゃんがネオを誘惑。


イエローちゃんの誘惑は軽く交わしたネオだったが、彼女にピアノの猛特訓を開始。ピアノスキルがゼロの彼女を背後から激しく指導。自分は素晴らしいと自惚れながら。(笑)


突然始まったスパルタ指導に、イエローちゃんは困惑。できないことを無理矢理やらされる恥ずかしさでいっぱい。可哀想に・・・(涙)


15時間に及ぶ特訓の結果、ネオは音楽の天才の称号を手にした。イエローちゃんは、ピアノのスキルが7まで上がった。


「貴様・・・」

「えっ・・・?」

翌日、イエローちゃんの家族パープル氏が鬼の形相で訪ねてきた。何を怒っているのか。イエローちゃんへのスパルタ特訓がマズかったのか?w


「何だよ、あれ」

「何って言われても・・・」

ネオ、イエローちゃんに八つ当たり。


熱心にジム通いをしているのに、ちっとも痩せないタケコさん。


ネオと別れてから、キレイになってきたクロエ。


(何が違うんだろう・・・)

二人の女子力の違いを勝手に比べるネオ。しかも、タケコさん家の風呂で。


「だいたい、色んなことにだらしないんだよ」

「人それぞれだよ」

ノヴァを呼んで、勝手に家電のアップグレードをするネオ。タケコさんのだらしなさに不平が止まらない。


「このやせ薬だって、ちっとも飲まないし」

「得体の知れない薬なんて、誰だって怖いさ」

結局、ネオが自分で飲んでみる。


「効いたかな?」

「すぐには効かないだろ」

ちょっと痩せたようにも見えるし、変化無いようにも見えるし・・・微妙だな。


タケコさんは男二人を置いて外出したまま戻らないので、ネオは幽霊アマンダの家へ。お得意のハートのクッキーをご馳走。


音楽の天才を達成して得た「ハーメルンの笛吹き」特質を試してみる。

「まどろみの小曲」を演奏すると、突然アマンダが眠気に襲われた模様。お楽しみの前に寝られてしまうという予想外の展開w


自宅に戻って、「エチュード・オブ・イグレス」を演奏すると、背後でイエローちゃんが何かにカチンと来た模様。見逃すほど一瞬の出来事。


「教養の歌」を演奏すると、ノヴァがフォーマルに着替えた。 出かけるわけではなさそうだが。


「掃除の賛美歌」を演奏すると、ノヴァが掃除の必要性に駆られた模様。しかし、実際に掃除はしない。

んむ・・・どれも、いまいち使えないな。(笑)


日々、ネオにいいように遊ばれているノヴァが、勝手に誘惑的な気分になっていたので、何事かと見てみたら、隣人を覗き見して興奮してた。望遠鏡の向きからすると、ユウコの家なんだけど。ユウコの父親はネオと同じタイプだから、あんなことこんなことしてるんだろうね・・・w

しかし、普段真面目な人って、隠れて何してるか分からないね、全く。ノヴァが覗きをするとは思わなかったよ。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。