2014年12月15日月曜日

違う違う、そうじゃ、そうじゃない


幽霊は、その死因によって性格が違うらしい。アマンダは「憤死」したので、常に怒っているようだ。

憤死って、どんな死に方よ。っていうか、何に憤って死んだんだ。


蘇生したら、憤死の記憶も消えるといいが。とりあえず、先日ネオが作った神々の食べ物を食べてもらう。


その前に、ほっぺにチュウ。


「これ、美味しいわね」

モグモグと勢い良く食べるアマンダ。


「ホント、美味しい」

「・・・・・」


「早く食べなよ」

イラッときたのか、顎クイするネオ。


しかし、まだ食べ終わらないアマンダ。待ちきれないネオがギターを弾く。


そして、アマンダの体がついに宙に舞う。蘇生の瞬間だ!


「・・・・・アマンダ?」


「私、生き返ったのね!」


(なんか思ってたのと違う・・・)

薄々気付いてはいたが、結構衝撃的な容姿だったアマンダ。100年の恋も一瞬にして覚めたネオであった。(笑)


「今日はジム行った?」

「えぇ、もうとっくに」

一緒にジム通いする約束が、だんだん疎かになってきているネオ。それでも、タケコさんは一人でがんばっている様子。


「今日は何してたの?」

「あ、あぁ・・・幽霊の蘇生」

もう思い出したくないネオであった。


「あれ?ちょっと痩せたんじゃない?」

「そう?」


確かに痩せたような気はするんだが・・・これって、筋肉ムキムキになってきてるパターンじゃない?脱いだらすごいんじゃない?

ちょうどいい感じに仕上げるのって、かなり難しいよね、シムズの体型維持って。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日記へのご意見・ご感想などあれば。